HISAKOブログHISAKOブログ
2023.02.04

耳瘻孔(じろうこう)

赤ちゃんの耳の軟骨部分に
ピアスの穴のような小さな穴が空いていて
ことがあります。

なんだろう?と思いながらも
何か症状があるわけじゃないので
そのまま放置している人も多いようです。

これは『耳瘻孔』(じろうこう)と呼ばれるもので、
助産師的にはよく見かけます。
とくに珍しいものではありません。

耳はママのおなかの中で
妊娠4wぐらいから作られ始め、
いくつものパーツが
パズルみたいに組み合わさってできています。

とても複雑な癒合を繰り返しながら
完成するという仕組み上、

あれ?
くっつけるパーツ間違えちゃった?

ということが起こりやすい部位のひとつだと
言われています、

落ち着いて作業をしてくれたらいいのですが、
丁寧さが足りない子がいます(^◇^;)

選んだパーツは合ってても
乱雑なくっつけ方をしてしまうと
一部に微妙な隙間が残ったままに
なってしまうことがあるんですね。

落ち着きのない性格は遺伝する?笑

いや、それは冗談ですが^^;

耳瘻孔は遺伝性もあるので
もしかしたら、パパママ、じいじばあばなど
血縁のある人たち誰かが
耳瘻孔持ちかもしれません。

ほとんどは、
耳の表面部分だけに小さな窪みがあるだけで
耳の奥までつながっていません。

その場合には
とくに何も起こらないので放置でOK。

まれに、穴が深めで
管状の組織が繋がっていることがあり、
汗や汚れなどが溜まって
細菌が感染してしまうことがあります。

耳瘻孔の細菌感染の症状は
痛みや腫れ、悪臭のする分泌物。

抗生剤を内服して様子を見ますが
感染を繰り返すときには
サクッと手術したほうがいいことも。

手術と言われると
ギョッとしてしまうかもしれませんが

大丈夫です!

穴とその周囲の組織を
クルリンと取り除くだけの簡単な手術です。

一応、子どもは全身麻酔で手術しますが
傷跡が目立つこともないですし、
命に関わる話でもないので
心配しないでくださいね。


一覧に戻る

人気記事

2023.03.06

お菓子のレイ

2021.04.15

あれ?抜けないぞ?

2021.06.04

母乳育児は痩せるのか?

2023.01.26

インスタグラムに挑戦!

2023.07.08

助産師HISAKOの目指すこと