助産院ばぶばぶbabubabuコスメ会員登録ログインご利用ガイド
セミナーに参加したママの声
ありがとうございました!
子ども本人も、わたしたちも大きく環境が変わる段階であり心配することも多いのですが、疑問に思っていることが解決しました。まだまだ親と子一緒に、と思っていても子どもは子どもの人生。離れるところは離れる必要があるのですね。ちょっと寂しくなって涙が出そうになりました。笑
また、今までの子育てと、これから向かおうと考えている子育てを肯定してもらえて自信になりました。
匿名希望
こどもはこども。
うちには来年小学生になる息子がいます。
普段から優しすぎるところがあり、自分の欲しいものや、使いたいものを我慢して友だちに譲ってしまいます。そんな優男が小学生になった時、やっていけるのだろうか…いじめられたりしないだろうか…友達はできるのだろうか…そんな心配を抱えていましたが、ひさこさんの講演に参加して全く心配することないなと思いました。肩に力が入りすぎていたのかもしれません。
こどもはこども。親は親で、できる範囲でてきることをしたいと思います。自分のしたいことを、楽しんで仕事をしている姿勢だとかを見せてあげたいなと思いました。
人生なんとかなる!小1の壁もすぎればなんてことなかったと思えるような気がしてきました。ありがとうございました。
匿名希望
伝える勇気をいただきました。
夫の両親と同居です。
地元が九州なので友達に会うこともできず、頼れるのは夫だけという完全アウェイでの子育てで、いろいろと煮詰まっていました。

今回セミナーに参加し、一番勇気づけられたのは「思っていることを言っていいんだ」ということです。
むしろ言わないと、取り返しがつかないことになると実感しました。

娘の命よりも大切なことって無いので、娘を守るために必要なら、夫の両親に嫌がられても伝えなきゃいけない。
そう覚悟が決められました。

とはいえ、なかなかタイミングが見つからず言えないままになっていたのですが、この年の瀬にわたしが病気で入院することになり、娘の引き継ぎをせざるを得ない状況になりました。
そこで、これまでにコツコツ準備していた、安全対策のお願いや、ごはんのあげかた、お風呂の入れ方、就寝時の衣服や気温の調節などを手書きでまとめ、お母さんにお渡しすることができました。

どこまで読んでくれるか、受け入れてくれるかは分かりません。
渡すだけで精一杯だったので、母親失格かもしれません。

でも、これを取っ掛かりに少しずつ補足しながら、意識の違いを埋められたらいいなと思います。

セミナーに参加していなければ、伝えなくてもいい言い訳を並べてしまっていたと思います。
この入院の前にセミナーに参加できていたことに運命を感じるとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

主人と参加しましたが、主人もとても楽しかったようでした。

本当にありがとうございました!
匿名希望
とても楽しい1時間でした!
期待通り、とても楽しくセミナーを受けることができました。
ありがとうございました。
明日からの子供たちと夫との関わりに活かしていきたいな、と思います。
匿名希望
こんな性教育の話は初めて!
性教育という言葉に苦手意識しかなかったのは、自分が子どもの頃に受けてきた性教育が現実味が無くて面白くなかったのと、親の反応も大きかったんやなぁって気がつきました。
こんな、楽しそうに、身近に、素晴らしいことやって子どもの頃から伝えていけたら、悲しい事件も減っていくんかなぁって思えました。
まずは、自分たち夫婦の日々の会話や関わりも意識していこうと思います。
未知の男の子の成長も面白かった〜!
匿名希望